複数社への見積もり

太陽光発電をお考えなら複数社から見積もりを

宮城県で太陽光発電をお考えなら、ぜひ複数社から見積もりをとってください。宮城県内にも施工業者は多数あります。しかし太陽光発電のメーカーが同じなら、どこで施工しても同じとは限りません。施工費用の総額からだけで決めると、後々メンテナンスにお金がかかるかもしれません。 業者を選ぶ際にまずチェックしたいのが、施工実績です。宮城県の施工業者もホームページを持つ会社が多いのですが、施工例や実績数などが掲載されています。工事を自社でおこなうのかどうかも、大切なポイントです。施工は丸投げと言った会社では、中間マージンもかかっており、その分材料が安価なものを使用していることもあります。そうなると、数年後には雨もりや漏電といったことになりかねません。

屋根の形状によっても工事費がかわってきます

費用は一般的に既存の住宅に施工するよりも、新築のほうが安い場合が多いようです。又、屋根の形状によっても値段がかわってきます。寄棟屋根よりも切妻屋根のほうが安いようですし、瓦屋根よりスレート屋根の方が安いようです。又、太陽光発電の機器の値段が安いかわりに、発電容量が少ないといったこともあります。そういった場合の比較方法としては、発電1kwあたり、いくらのコストがかかっているのかを計算してみると一目瞭然です。発電容量を総額で割ってみてください。 太陽光発電をすると、余剰電力が発生します。この余剰電力を売電したり蓄電して有効利用することができます。売電だと電力会社に一定単価で買取ってもらうことができます。蓄電するのであれば蓄電池と太陽光発電装置を連携させることで、発電しない夜間に、溜めた電力を利用することができます。 宮城県に限ったことではないのですが、初期費用も高額でメンテナンスの必要もある太陽光発電は、良い業者をみつけることが一番のポイントとなるでしょう。